Broken Door ~戯言~
渓流釣りメインの日記です
201003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201005
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の山菜
恒例春の山菜を採りに行ってきました。
が、、今年は寒い日が続いているので遅い・・・。


ワラビはちょうど良い感じに生えてきました。

10426sansai008.jpg


いつも少し早く出る場所へ訪れてみたものの、、、
コシアブラはあと2~3日という感じ。

10426sansai035.jpg


ようやく見つけた食べ頃。

10426sansai034.jpg


↑のコシアブラの近くで見つけたタラの芽は
こんなに大きくなっていたのに、、。

10426sansai037.jpg


午後に本腰を入れて採りに向かった場所は
少々標高が高かったので、まだまだ芽が出ていない・・・。

10426sansai042.jpg


と、、いうことで午後は山菜を諦めて近くの渓流に入る。

10426sansai044.jpg


魚は絶好調でした(^_^;)

10426sansai047.jpg


じつはワラビやコゴミなんかの山菜採りはあまり好きじゃない。なぜかと言うと「飽きる」の一言なのだが、食べるのは好きなので、来シーズンはコゴミも本腰を入れて採りに行こうかな?昔よく採りに行ったギョウジャニンニクやユキザサなどの高所に生えるのも久しぶりに復活させるのも思案中。

う~んそういえば、ミヤマイラクサやミズ、セリも昔は採ったし、ネマガリも志賀高原まで出かけたっけ!
スポンサーサイト
北陸食い倒れメニュー
春のキャンプツーには荒れた天気になってしまったので、自動車で野郎3人で出かけました。

10toyama021.jpg


その時に食したインパクトの強かったメニューです。

高山の国八食堂@ホルモン焼き

10toyama002.jpg

国八食堂@鉄板焼きとうふ

10toyama003.jpg


ホタルイカの松前焼き

10toyama009.jpg

大喜@中華そば(小)富山ブラックです!
しょっぱい!しょっぱい!!しょっぱい!!!

10toyama013.jpg
雨子の渓へ
前回はイワナの棲む渓に出かけたので、今回は同じ山奥でもアマゴの棲息する渓を選択する。


渓に向かう途中の山には桜がキレイに咲いていました。

01049tsuri001.jpg


最近雨が多く増水気味なので、取水されて普段は水の少ない場所から入渓する。

01049tsuri006.jpg


するといきなりイワナが釣れました!(前回のイワナの渓と逆パターン)

01049tsuri004.jpg


その後はしっかりアマゴが釣れました。
この渓のアマゴには横に赤黒いラインが入っていてヤマメみたいです。
それに源流域のせいもあるが、もちろん美形揃い。

01049tsuri015.jpg


なかなか遡行するのに厳しい渓なのだが、今回は太いロープが渡してありました♪

01049tsuri009.jpg


この渓は高低差があり、滝&淵の連続です!淵では調子よく釣れるが他はボサが多くスーパーチョウチン仕掛けを使用するが取り込みに苦労する。

01049tsuri018.jpg


この滝では、以前ヤマト君が「尺クラスのアマゴが泳いでいた」と証言していたが、20cmぐらいのが1本出ただけ(笑)ここで釣り終了です。

01049tsuri032.jpg


釣りを終えて川沿いを下っていると、水たまりに黄色い物がコロコロしている。遠目には流水でウリが転がっているように見えました。水が流れている様子もなく、もちろんウリみたいな実がこんな山奥にある訳もないってことで、近寄ってみると、、、。

01049tsuri036.jpg


なんと!ヒキガエルでした!!!しかもクンズホグレズしているし!!

01049tsuri042.jpg

一番折り重なっているのは、茶色いのに黄色いのが5匹以上重なっている!!!
産卵期なのでしょうね、貴重なものを見た気がします。

01049tsuri039.jpg
岩魚の渓へ
4月5日

実は最近アマゴにハマっていたのですが、「そうだ!イワナを釣ろう」と
思い立ってイワナの棲息する深部の渓流へ出かけました。


普段渇水している流域だが、最近雨が続いているので水量が多い!少し竿を出すと、、、、。

01046tsuri004.jpg

なんと!アマゴが釣れました・・・。
昨年秋にも稚魚放流したてのチビアマゴが釣れたのだが、それが育っていたんですね。

01046tsuri006.jpg


それでもイワナの方がやっぱり魚影が濃い。
今回は水中撮影をしてみました。

水中撮影1
01046tsuri008.jpg


水中撮影2
01046tsuri039.jpg


倒木に生えていた苔?

01046tsuri003.jpg


岩と木の間をチョコチョコしながらキレイな声で鳴いていた小鳥。
結構標高が高い場所なのでイワヒバリなのかな?

kotori.jpg


この岩の隙間からイワナの姿が見えました!
そ~っと餌を送り込んでみるが、反応なし(笑)

01046tsuri049.jpg


今回はイワナの重い引きを楽しもうと山奥の渓を選択したのだが、チビアマゴも釣れるし・・・。
密かにスケベ心を抱いて狙っていた尺上サイズは釣れないし・・・。
しかし数も出たし、やっぱり山奥の渓流って気分を最高にしてくれます♪
さぁ、次は雨之魚の渓に行こうっと。
里での釣り
年度末最終日に職場での所要を済ませてから、短時間だけ人工物目白押しの流域で釣りをしてみる。

010331tsuri004.jpg


釣れることは釣れるんだけど、たまに「病気?」と思わされるような朱点を持ったアマゴが釣れてくるし・・・。

010331tsuri002.jpg


午後はコテング2号を連れて前回の里川に、水槽で飼うべく『カワムツ』を釣りに行ったのだが、『カワムツ』は小さいのが一匹釣れただけで、後はほとんどアタリなし。「そろそろ帰るか」という時に25cmのチョイ鼻曲がりのアマゴが釣れました!!前回オジサンに聞いて半信半疑だったんだけど、こんなアマゴが近くの里川でも釣れるんですね。

010331tsuri008.jpg
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。