Broken Door ~戯言~
渓流釣りメインの日記です
200903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200905
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣った魚を食う!
最近、友人の毛鉤師が血迷って里川を攻めているらしい。

それならと、遠慮なくGW直前に『釣った魚を食おう』を
テーマに今季まだ訪れていない源流域に出撃(笑)


数日前から荒れた天気が続き、この日の朝も寒かった。
入渓ポイントに向かう林道の水溜りは凍っていた!
09428tsuri001.jpg


今回は数を出すべく、得意の釣法で、、(^^)v
09428tsuri002.jpg


上の淵で一発目で型の良いアマゴが!
09428tsuri003.jpg

続いて同じ淵でイワナ!!
09428tsuri005.jpg

またまた同じ淵でアマゴ!!!
こりゃ絶好調だ!やっぱ餌は釣れるね(笑)
09428tsuri006.jpg

源流域は所々に良い淵があるものの、基本的にはこんな
感じで、ルアーには向かないかな?毛鉤ならバッチリ?
09428tsuri011.jpg


またしても良い型のアマゴが!結構奥までアマゴも棲息している
みたいだが、これを最後にアマゴは姿を消す。
09428tsuri012.jpg


人口の堰堤ではなく、天然の滝です。
09428tsuri013.jpg


この日は日陰の岩が凍っていた!
こんな岩陰の巻きにイワナは潜んでいるんですね。
09428tsuri014.jpg


これも天然の滝。
09428tsuri019.jpg

白くてキレイなイワナが釣れる。
09428tsuri020.jpg

見てください!一枚岩の割れ目が川になっている。
09428tsuri022.jpg

その上で黒くてワイルドなイワナが釣れる。
09428tsuri023.jpg


この日は家族×2を目標にしてキープしていたのと、午後には予定が
あったので、12匹釣り上げたところで釣行を中止する。4匹ほどオーバしたので
燻製用に大きなのはストックする(*_*;

久しぶりに炉端焼きコンロを持ち出して、炭で焼いて食べたのだが、最高ですね♪
09428tsuri030.jpg

スポンサーサイト
シーズンイン
山も芽吹きの季節に入り「ルアーもそろそろ」という事で、ハンドメイドミノーの使い手
バクフミ選手と一緒に秘密の溪に出撃する。



もちろん使うのはバクフミ選手のハンドメイドの逸品。
この春、さらに改良を加えたそうです。
09424tsuri001.jpg


本日の秘密の溪は水量も多く、バッチリの状態。
09424tsuri006.jpg


それでもハイシーズンに比べると、魚の反応はイマイチなのだが、ボツボツと掛かる。
09424tsuri010.jpg


この石の前はメチャメチャ反応が良く、何回もイワナがルアーを追いかけて来る。
09424tsuri011.jpg


↑の場所でバクフミ選手がガツンっと一匹
09424tsuri013.jpg


この溪では全てやさしくリリースします。
09424tsuri015.jpg



その後も立て続けにバクフミ選手がHIT!ルアーを追いかけてきて食いついた
瞬間を撮影したのだが、尻尾だけが水面に・・・。動画にすれば良かった(^_^;)
09424tsuri016.jpg
09424tsuri020.jpg



バクフミ選手は昨年アカウオ選手が28cmを釣り上げた淵でも一投目でHITさせる。
この淵は名づけて『赤魚淵』と呼んでいる(爆)
09424tsuri021.jpg

本当は尺上サイズ狙っていたのに、残念?
09424tsuri022.jpg



テングもHIT!実はσ(^^)これがこの日初めてのHIT
09424tsuri023.jpg
09424tsuri025.jpg



良い季節に入り、ルアー釣りもかなり反応が良くなってきました。
餌釣りに比べて、まだ数は出ないけど、魚が反応を示して追ってくるのが最高に楽しい♪
釣れない釣りは楽しくないと思っていたけど、ルアーは魚が反応さえ示してくれれば
とっても楽しいです。

加えて、この秘密の溪は溪相も素晴らしい。
09424tsuri027.jpg




春の山野行記
渓流をお休みして『春の山菜編』です。

前日に親戚から「タケノコとワラビが出ているから採りに来い」と連絡を受けて採りに行ってきました。
例年ならGW寸前頃の予定だったのだが、今年は早い!「こりゃタラの芽なんかも急がなきゃ」と
いつもの場所に訪れると出ていました。


山菜採りは、林道と渓流遊びのノウハウが生きます♪林道沿いからチョイと入る。
09harusansai001.jpg


林道脇にある一本!ちょうど良いサイズが♪ここが採られていなければシメタもの。
09harusansai004.jpg


ここのタラの木は大分でかくなってきた・・・。毎年お世話になっているから、今度手入れしようかな?
09harusansai006.jpg


タラの木は、日当りの良い場所にどんどん増えていきます。
09harusansai008.jpg


近くにあるボサ川の堰堤下を覗くとチビアマゴが走る。
09harusansai010.jpg


これだけ採れれば十分満足(*^_^*)
09harusansai011.jpg


山菜採りの相棒は愛犬(ペロ)と愛車(ジムニー) 実は犬の散歩も兼ねています(笑)
09harusansai012.jpg


林道には塔の立った『ふきのとう』がたくさん出ていました。来年は狙います!
09harusansai014.jpg


続いて『コシアブラ』をと、いつもの場所に移動したら、少々早すぎて小さい・・・。
そこからまた、標高の低い隣村の山中に移動したらバッチリ出ていました。
09harusansai026.jpg


これは松の樹に出る『ヒトクチタケ』あまり気持ちの良いキノコじゃない!
もちろん食べられない、、、と思う。
09harusansai027.jpg


『コシアブラ』は『タラの芽』に比べて非常に採りやすい♪
09harusansai029.jpg


で、この日の成果です。来年は『コゴミ』もバリエーションに加えるべく、頑張ります。
09harusansai033.jpg






最高の条件?
前日は久しぶりの大雨!そして本日は晴天なり。

天から「釣りに行け」と啓示を受けた気がしたので、「雨後はミミズだろ」
と、、これまた条件を揃えて、大雨後でも濁らない川を選択。

しかも入渓ポイント付近には自動車一台も止まっていないし(*^ ^*)


09415tsuri001.jpg


でも、この溪は苦手なんだよなぁ~~!川底がガレた石で、かなりオモリを小さくしないと
根掛かりするし、雨後で水量が多いから軽すぎると底を流せないし・・・・。
チビアマゴを2匹ほどリリースしながら遡行していくが、何か変だ?
この堰堤まで、大きいのが釣れない・・・おっかしいなぁ~??

09415tsuri002.jpg


堰堤付近でネイティブのイワナも釣れるが、これも小さい(*_*;

09415tsuri004.jpg


ここで釣れなきゃどこで出るポイントでも釣れない(>_<)
絶対の条件なのに、ダメじゃん今日は・・・・。と、、この時やっと気付く(笑)

09415tsuri008.jpg


二つ目の堰堤の下
ここは餌釣りだと、ポイントが散乱していてあまり楽しくない。
ルアーなら最高だったろうね。

09415tsuri017.jpg


その二段目の堰堤下で、このアマゴが来た後

09415tsuri010.jpg


こいつが来ました。
美形なイワナだったけど、25cm未満です。

09415tsuri014.jpg
09415tsuri015.jpg


そのまま調子に乗って堰堤を越えて、さらに上に。
ここは普段は伏流水になっているのだが、前日の雨で小さい川になっていました。

09415tsuri018.jpg


しかし、その後は大石の脇でも結果が出ずに納竿する。

09415tsuri020.jpg

溪の選択が悪かったのかな?と近くの違う溪で少し竿を出してみるが、
チビアマゴだけだった・・・。




水中画像
 ソロツーリングで郡上八幡と白川郷にバイクで訪れた際
キレイな水路に魚が泳いでいたので、水中撮影してみました。


↓これは郡上八幡で尺アマゴが流れてくる餌にライズしたところ
を撮影したのだが、着水した跡で飛沫だけが写っていた(*_*;
09405shirakawa011.jpg


白川郷にてニジマスの尻尾だけ・・・。
09405shirakawa027.jpg

鯉と一緒に群れているニジマス(約50cm)の顔
水中撮影って泳いでいる魚を撮るのは難しい(^_^;)
09405shirakawa029.jpg
春休み②
映画館にコテング達の送り迎えをしたので、映画の上映時間の暇つぶしとして
ルアー竿を持って近くの川へ練習がてら出掛けました。

09401tsuri003.jpg

なかなか思う場所にキレイに投げれないし、魚の釣れるイメージが湧かない@@
結局一匹も掛けれず終わったが、これからも初心者レベルの川で練習あるのみです。
09401tsuri004.jpg


春休み①
子供を連れて実家に帰りました。

実家の横には用水の噴出し口があり、そこに魚が群れていたので
子供達を集めて必殺仕掛け&リールを使用しての引っ掛け釣り開始。09401tsuri001.jpg

一番最初にかなり大きなサイズが掛かったのだが
子供の力では引っ張られて、噴出しに降りる梯子に
仕掛けを引っ掛けてしまい残念・・・。

それでも、その後は立て続けに『ヤマメ』が3匹掛かりました。09401tsuri002.jpg

子供たちは大満足♪さっそく塩焼きにしたら、先を争って食べて骨だけになりました。
09331tsuri.jpg


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。